甲斐市で引越しが安くなるコツ、高くなる理由

甲斐市で引越し料金が安くなる、高くなる理由が分かれば楽に引っ越しが出来る

引越に良い時期、引越が安くなる時期、高くなる時期がある

 

引越しの料金がどうすれば安くなるのか、何をしたら高くなるのか、その仕組みが分かると負担が少なく上手に引っ越しが出来ます。
※とにかく自分の引っ越し料金の概算を知りたい場合は、登録をしなくても「引越し侍」を使えば分かります。

 

引越し料金が高くなる時期は、引っ越し繁忙期の3月下旬がピークです。
この時期は卒業・入学・就職・転勤・退職などイベント目白押しです。

 

引越し業界もその通りで、半端ない忙しさになり、忙しい時期=引越し料金が高いという理解で間違いないです。
価格は通常価格の最大250%アップです。

 

しかも3月のデメリットは中旬・下旬になると引越しの見積もり自体が受け付けて貰えないというケースも発生しやすくなります。
引越し業者はこの3月が忙しくなることは分かっています。

 

この時期に向けてスタッフやトラックの配置を準備しますが、全国の引越し業者がそうやってやっていても依頼を受けきれません。
このため3月、そして、4月は引越し料金が1年で最も高くなる(特に3月中旬から4月上旬)時期になります。

 

4月はまだ3月の引越しの残りがあるため安くなりにくい

3月の繁忙期は4月上旬まで続きます。
年によって違いますが、4月中旬になる頃までは高い金額のままの事が多いです。(通常価格の倍近くの料金)

 

ただ、4月は5月のゴールデンウィークもあるため、この時期ぐらいまでは料金が高いです。
ゴールデンウィークが終わると、ようやく引越し料金も落ち着きを見せ、通常料金が提示されるようになってきます。

 

繁忙期は通常期の2倍以上(実際には250%)ちかくの値段が同じ内容でつきますので、それを考えれば引越しがずらせるならば5月のゴールデンウィーク以降が良いです。

 

7月の夏休み頃にまた料金が高くなる

5月のゴールデンウィーク明けから7月下旬の夏休み前までは、通常料金の期間が続きます。
ただ、夏休みに入るとまた増えます。

 

特に7月下旬は高くなりがちで、8月上旬のお盆までに一端落ち着き、お盆が明けるとまた忙しくなります。
引っ越しは長期の休みが入るとき、あるいは子どもの休みの時に動きやすいです。

 

9月に入ると12月の冬休みまで安くなる

1年で2番目に安い時期が続くのがこの9月〜12月です。
9月のシルバーウィークは別ですが、それでも全体的に引越し料金が割引されやすいです。

 

ただ、12月下旬になると再び休みに入るために、安く引越しをするならば12月中旬ぐらいまでが狙い目です。

 

お正月は引越し業者も休みがち(全部ではないけれど)

意外なのですがお正月でも引越しは可能です。
ただ、引越し業者の多くはお休みに入っていることがあるため、地域によっては無理なこともあります。

 

しかし、可能と言えば可能。
ただ、この時期の引越しはいろいろと気を遣うので、狙うならば年明け休み明けが良いです。

 

1月、2月になると引越しは一年で一番安くなりますので。

 

1年で引越し時期を選ぶことが出来るならば、最安は1月2月、最高は3月中旬4月上旬となります。

引越しが一番暇になる時期が一番安くなる、一番忙しくなる時期が一番高くなるのがこの業界です。
このため引越しの需要が一番少なくなる1月2月に引越しを検討するのが、安さと安心という意味では最強になります。

 

通常価格を100%としたら、75%ぐらいの料金になりやすくなるのもこの時期です。
後はどの時期にでも少しでも安く引越しをするためのコツです。

 

どの時期にでも使える安くするコツですが、とにかくまずは第三週目に引越しを持ってくるようにします。
賃貸などの場合、第三週目は一番損をした気分になりやすく、引越しも件数も少なくなりやすいです。

 

このためある程度日程の調整が出来るならば、三週目に持ってくると良いです。
引越しの絶対数が少なくなれば、割引きされやすくなります。

 

混み合う時期を外すことが出来れば、割引きが増え、お手頃価格で引越しをすることが可能になってきます。
それと割引率を高くするために、土日の引越しを避けることは大事になります。

 

お休みの時期は引越しする人も多くなる

引越に良い時期、引越が安くなる時期、高くなる時期がある

 

引越しの見積もりで高くなる曜日があります。
それが日曜日です。

 

これは単純にトラックの運賃が2割増しになるからです。
何もしなくても、日曜日っていうのは高くなるんですね。

 

さらに、土曜日も高くなります。
理由は一番土曜日に引越しをする人が多いからです。

 

引越し料金は需要と供給で人が多くなればなるほど、料金が高くなります(そうじゃないと受けきれないから)。
その一番の例が3月です。

 

このためお休みが重なる冬休みなども通常よりも高くなります。
または割引きが少なくなります。

 

このため土日を避ける方が安くなっていきます。ただし

 

お休み前後も安くならない

引越に良い時期、引越が安くなる時期、高くなる時期がある

 

金曜日とか月曜日にすれば良いのってなりやすいのですが、休日前後は「休みが取りやすい」ため安くなりにくいです。
考えることはみんな一緒です。

 

このため、せっかく引越しが安くなる時期に引越しを持ってきているのに、休日付近で引越しをしようとするのは勿体ないということになります。
狙い目は火曜日から木曜日です。

 

当然祝日は挟まない普通の平日です。
普通の平日は仕事をしている事が多いため、どうしても引越し候補としては挙がりにくいです。

 

平日に見積もりを依頼することが出来るなら、料金の値下げ幅が大きくなりやすい

引越に良い時期、引越が安くなる時期、高くなる時期がある

 

見積もりを安くするなら複数の引越し業者に依頼することが大事になりますが、その時に条件の提案が安くなるポイントになります。
平日は安くなりやすいです。

 

もし可能なら日程調整をする「引越し料金を安くするコツ」のやり方を試してみてください。
さらに安くなる可能性が高まります。

 

こういうのは普通考えつきません。
でも、これが一番効果的な引越し料金を安くするパターンです。

 

【最後に】
引越し時期を上手に選べば、それだけで安くなります。
1月2月が一年で一番安くなる時期です。
そして、3月4月上旬が一年で一番高くなる時期です。
引越しをするなら1月2月がよく、3月4月は避けるだけで何万〜何十万と金額が変わります